AGILE TECHNOLOGY合同会社

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響により苦境に陥りつつあるIT技術者の方々へ

新型コロナウイルスが、わずか数ヵ⽉でIT業界の環境を激変させています。
派遣型・人材供給型の企業に所属する方やフリーランスの方々が業務停止・作業延期などの状況に陥った方が増えてきており、雇い留めされるケースも増えています。
その背景にはIT需要の多くが既存システムの保守・保全作業、または開発案件であってもシステム改修の案件が殆どである事情があり、つまりは早急に対応すべき作業ではないと判断されているのです。
また、この新型コロナウィルスの影響は仮に早期に収束したとしても、単純に以前の業界環境に戻ることはなく、IT業界の人材需要は6割程度に縮小されるとみられています。

しかしながら、経済産業省の調査と需要の予想によれば、2030年度にはIT技術者が79万人不足すると分析されていたはずです。なぜ本来売り手市場でのはずのIT技術者がなぜ現在の状況に陥っているのでしょうか?企業は優秀なIT人材を確保しておきたいのではないのでしょうか?
各企業では今、現行プロジェクトの見直しを皮切りにIT部門だけでなく企業戦略の全体的な立て直しが進められています。昨今のテレワーク・リモートワークせざるを得ない状況から、現在導入しているシステムの不備・不足や脆弱性等の問題に直面し、これまでのIT計画・IT戦略を完全に白紙撤回した企業も少なくありません。
さらにはDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進の動きが加速してきています。SAP ERPの保守サポート終了に伴う「2025年の崖」問題に対して、各企業は既存のレガシーシステム・保守業務を捨て、新たなデジタル技術の活用にスムーズシフトしていく計画を進めてきました。しかしその計画はこの社会状況で頓挫しているため、これを機をとらえて予算や工程を削って前倒しでの移行も検討されています。
大手IT企業の経営者はこの「2025年の崖」問題を「SI業界が変わる絶好のチャンス」と捉えており、受託型・派遣型の人月ビジネスが崩壊するだろうと以前から予測していましたが、この大きな波は2025年を待たずに一気に展開していくでしょう。
昨今の情勢から急速なIT計画の立て直しの必要になり、経営層はじめ企業戦略担当が改めて戦略・IT人員の再構築計画を進めています。技術進展が凄まじいスピードで進むIT分野では、需要構造が日々変化し、人材に求められるスキルや能力が変化していくため、現在の作業スキル人材は“すでに”不要になってきていると認知し始めているのです。


アフターコロナのIT業界にあなたの帰る場所はあるのでしょうか?

近年のAI、ビッグデータ、IoT、ロボット技術をはじめとする新技術の進展は、第4次産業革命とも呼ばれ、経済社会に大きな変革をもたらしています。
「システムの刷新による新技術活用へのシフトと、レガシーシステムの保守・保全に伴う人月商売の受託型業務の減少」、「アジャイル、マイクロサービス等、最先端技術を駆使したアプリケーション・プラットフォーム提供型ビジネスモデルへの転換」。特にこの2つのムーブメントがITの業界再編に大きく影響していきます。
ITの開発環境や必須スキルは、ガラリと一変し、最前線にいたはずの技術者が、突然不必要とされてしまうタイムリミットが、予想より早く迫ってきたのです。
こんな今だからこそ、改めて業界の流れをしっかりと受け止め、社会人としての基礎力としても、従来以上にITリテラシーを向上させることが必要です。
さらには「ITからICTへアップデートする」、「新しい開発手法を取り入れる」などユニークなスキルを磨き、プロジェクトチームの中核となりうる人材になるべく、成長を続けなければなりません。

アフターコロナの新たなIT業界で生き残るために、アジルテクノロジーは先端IT人材育成社員を募集しております。
これはアジルテクノロジーの働き方改革の提案です。
現在の苦境に嘆くだけでなく、見方を変えて新IT業界への先行チャンスと捉え、スキルアップしながら次のステップへ進もうとする方へ。
あなたの「保有スキルを活かした仕事のご紹介」+「新スキル習得」をサポートいたします。
それらを同時進行させることが5年後、10年後のあなたの価値を確実にする方法です。
まずはご相談ください。
代表 藤沼 圭寿

INFORMATION

2020.01
企業向け英語研修支援事業を開始しました。
2018.10
フィリピン(セブ)にて森林農業廃材リサイクル事業の支援業務を開始しました。
2017.11
ITグローバル人材育成 IT英語・グローバル研修コースを開講しました。
2017.2
スリランカ(コロンボ)にてケラニヤ大学と提携し、「SE向けIT英語コース」の立ち上げ協力業務を開始しました。
info-img1.jpg
2016.9
インド向けシステム開発のグローバルSE支援を開始しました

アジルテクノロジーについて

アジルテクノロジーのモチーフであるワラビー。
ワラビーは驚異的な跳躍力を備えており、時速40km の早さで跳躍し続けることが出来ます。
また、1 日に100km の移動を行なうこともあるほどの持久力も兼ね備えています。

――IT の分野には無限の可能性が広がっている――
アジルテクノロジーを設立するにあたり、私たちは社員一人一人が柔軟な思考で常に新しい
フロンティアを追求することをモットーに掲げました。
私たちの活躍する分野において、立ち止まることは許されないのです。
そしてワラビーたちもまた果てしない荒野を立ち止まることはありません。
私たちアジルテクノロジーも常に前を向き、更なる飛躍へ挑戦し続けます。